布石と定石の一体感

基本的なことだと思うが 「こういう風に布石を」 と考えたら、ほぼ並行して 「こういう風な定石を」 という選択の機会がある。
 
思うに、布石だけや定石だけを偏って勉強していても、何かが不足している、という感じは否めない。
 
やはり、すべての行動が連携し “一体感” が持てるように、形を勉強もできなければいけない。
 
偏った勉強をしてても、いつか、それらが繋がりだすようになる。
 
ただ、棋力が低い段階では、偏った勉強よりも、繋がった時の喜び(いわゆる「アハ!体験」)を数多く味わえる勉強方法が必要だと思われる。
 
そうでなければ、途中で挫けそうだから。
 
 
追伸:Ikenagaの碁を打つ動機を知らない人から見ると、「勉強、勉強って、楽しくなさそう・・・」 と思われるかもしれない。
 
そもそもIkenagaは、人が学習することについて研究する意図があって、囲碁をやっている面が多々ある。
 
自分がやったことのない初めてのこと(今回は囲碁)に挑戦して、人がどのように苦悩し、どのように学んでいくのか。そして、どうやれば楽しめるのか、という事を研究し仕事に活かそうとしている。
 
成果のほどは未定だが、その方向性に間違いがない自信だけはある。

返信