考えの肴

囲碁が好きかと聞かれると、「どうなんだろう」と思う。
 
好きなことは、というと、ぐだぐだと、だらだらと、いろいろと、考えること。
 
だから、囲碁はそういった「考える」ことに必要な肴(さかな)のようなもの。
 
肴があるからこそ、考えることが盛り上がるというか、際立つというか、そんな感じ。
 
そこが囲碁好きには理解してもらいにくいところで、Ikenagaが囲碁好きの仲間に入りにくいところ。
 
 
「囲碁じゃなくてもいいんでしょ?」と訊かれて
 
「そうかもしれない」と答えたなら
 
「なんて(囲碁に対する)情の薄い奴だ」と謗られることだろう
 
と、ひとり勝手に思っている。
 
でも、わざわざ囲碁好きにそんな話をしないので
 
「変なヒト」という程度に見られている、のだとおもう。
 
そういう状態は、これからも変わらないだろう。
 
囲碁には囲碁でしか味わえない、「考えの肴」としての味わいがあるはずだから。
 
 
追伸:納涼囲碁大会は無事終了。久々にHさんと対局できてよかった。また年末年始に何かを企画したいと思う。

返信