コンテンツ作成のヒント

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>

    このサイトでは HTML で書かれたコンテンツの投稿を許可しています。 HTML のすべてを習得するのは気が引けるかもしれませんが、ほんの一部の基本的な HTML 「タグ」の使い方を習得するのはさほど難しいことではありません。 以下の表では、このサイトで利用できるタグを、一例を挙げて説明しています。

    より詳細な情報は、W3C の HTML Specifications(英文)W3C 仕様書等の日本語訳集 を参照するか、好みの検索エンジンから HTML について解説しているサイトを探し、それらを参考にしてください。

    タグの説明記述例表示例
    アンカーは他ページへのリンク作成に使用します。<a href="http://knowd2.com/drupal-ikenaga">ブリコラージュな囲碁</a>ブリコラージュな囲碁
    強調<em>強調</em>強調
    強調<strong>強調</strong>強調
    引用<cite>引用</cite>引用
    テキストをプログラムのソースコードとして明示するために使われます。<code>コード</code>コード
    順序無しリスト - 各リスト項目を <li></li> で囲み、全体を <ul></ul> で囲みます。<ul> <li>1番目の項目</li> <li>2番目の項目</li> </ul>
    • 1番目の項目
    • 2番目の項目
    順序付きリスト - 各リスト項目を <li></li> で囲み、全体を <ol></ol> で囲みます。<ol> <li>1番目の項目</li> <li>2番目の項目</li> </ol>
    1. 1番目の項目
    2. 2番目の項目
    定義リストは他の HTML リストと似ています。 定義用語を <dt></dt> 、その用語の説明を<dd></dd> で囲み、全体を <dl></dl> で囲みます。<dl> <dt>1番目の用語</dt> <dd>1番目の定義</dd> <dt>2番目の用語</dt> <dd>2番目の定義</dd> </dl>
    1番目の用語
    1番目の定義
    2番目の用語
    2番目の定義

    ほとんどの特殊記号は、特に問題なく直接入力することができます。

    もし問題が生じる場合は、HTML のエンティティ表記を使用してみてください。 例えば、&amp; と入力した場合はアンド記号の「&」のように表示されます。 エンティティの全リストは、HTML のエンティティページを参照してください。

    エンティティ表記の一例:

    文字の説明記述例表示例
    アンパサンド(&)&amp;&
    大なり記号(>)&gt;>
    小なり記号(<)&lt;<
    引用符(")&quot;"
  • 行と段落は自動的に認識され、<br />(改行タグ)や <p> </p>(段落の開始・終了タグ)が自動的に挿入されます。 もし段落が認識されない場合は、2行の空行を加えてください。
  • You may link to files uploaded with the current node using special tags. The tags will be replaced by the corresponding files. For example: Suppose you uploaded three files (in this order):

    • imag1.png (referred as file #1)
    • file1.pdf (referred as file #2)
    • imag2.png (referred as file #3)
    [inline:1=test]  or  [inline:imag1.png=test]
    will be replaced by <img src=imag1.png alt=test>
    [file:1=test]  or  [file:imag1.png=test]
    will be replaced by <a href=imag1.png>test</a>
    [attachment:2=test]  or  [attachment:file1.pdf=test]
    will be replaced by <a href=file1.pdf.png>test</a>