「ブリコラージュ」とは“寄せ集めて自分で作る”の意。初心者であっても囲碁を通じて考えることが色々ある。その考えをここに綴り、自分が囲碁とどのように関わっていこうとしているのか眺めていきたい。 そんなIkenagaが「ブリコラージュな囲碁(ブリ碁)」を目指す過程の記録。

『みんな集まれ! 囲碁教室 楽しくはじめる入門編1』

 『入門編1』 の内容は 「活路」 や 「アタリ」、「手数を伸ばす」 という考え方を知るための簡単な問題で占められている。 さすがのIkenagaも、これくらいの内容だと退屈してしまう。
 
 もし、独学しようと思っている、本当に初めて囲碁に触れるという人ならば、これとは別に入門書があって、それを一通り読んだあとに、この 『入門編1』 を解くと効果的だろう。 

『みんな集まれ! 囲碁教室』 のまとめ

「国際囲碁大学」が発行している教材 『みんな集まれ! 囲碁教室』について今後まとめていく。
それに先駆け、教材の一覧をここに記載する。
 



〔入門編 全6種〕  定価 各500円(税込)

  ◎ 「楽しくはじめる入門編1」
  ◎ 「どんどんわかる入門編2」

謹賀新年 2011

新年明けましておめでとうございます。
 
昨夜(1月9日)、関東に到着。
約1か月ぶりにブログを更新。
 
これまでの1か月、囲碁を対局することも無く、比較的のんびり過ごしてきた。
お陰で頭の中まで鈍っている。

今週末には囲碁教室(燦々)へ行く予定なので、そこからやっと気合が入ってくるだろう。
 
ということで、兎にも角にも、本年もどうぞ宜しくお願いします。
 
 

良いお年をお迎えください。

 今年は早々と仕事納めができた。 お陰で、明日からはインターネットにつなげられないような環境へと来年まで旅立つ。 ということで、本年の囲碁ブログも本日で書き納め。
 

12月8日(水)-CPU対局

 比較的手軽に打てるので、再びニンテンドーDS(NDS)の 『遊んで囲碁がさらに強くなる!銀星囲碁DS 中級編』 でCPU対局をしてみた。
 
 今回も前回同様に、Ikenagaが黒の三子局。 CPUは「最上級」で「一般型」の棋風に設定。 ということで、対局の内容を以下のFlashにまとめる。
 

12月5日(日)-CPU対局

 注文していたニンテンドーDS(NDS)の 『遊んで囲碁がさらに強くなる!銀星囲碁DS 中級編』 が届いたので、早速 「CPU対局」 を試してみた。
 
 対局はIkenagaが黒の三子局で、白のCPUのレベルを最上級に設定。 ちなみに、この中級編では、CPUの棋力だけではなく、CPUの棋風も 「実利型」、「勢力型」、「一般型」 の中から選択できる。 が、今回は「一般型」 で対局。

11月29日(月)-CPU対局

 年末年始を挟んみ、少なくとも一か月は囲碁教室に通えないので、基礎トレーニングと合わせて、コンピュータ対局で勉強しておこうと考えた。
 
 今回コンピュータ対局で利用した囲碁ソフトは、ニンテンドーDS(NDS)の 『遊んで囲碁が強くなる!銀星囲碁DS(初級編)』。
 

基礎トレーニング

 マイコミ囲碁文庫の 『ひと目の手筋』、『ひと目の詰碁』、『もっとひと目の詰碁』 の三冊を解いている。
 
 というのも、「詰碁や手筋の問題集を解くと基礎力がアップする」 という実感が、やっと得られるようになってきたからだ。

11月27日(土)囲碁教室―生徒対局

 続いて生徒対局。 今回の相手は初対局のISDAさん(仮名)。 (Ikenagaより年上な感じ。)
 今年の6月から囲碁サロン燦々の囲碁教室に通っている、とのこと。 だけど棋力はIkenagaよりかなり上。
 
 よって対局は、Ikenagaが黒の3子局。 例によって例のごとくビデオ撮影をさせてもらったので、以下のFlashに内容をまとめる。
 

11月27日(土)囲碁教室―指導碁

 この日も晴天。 教室は少人数の12~13人。 遅刻者があったので、それより増えているかも。 (ちなみに、この日もOtakeさんはお休み)
 
 朝はいつものように、『みんな集まれ!囲碁教室』の提出と受取り、そして、印刷してきた生徒対局の棋譜を相手に手渡した。
 
 さて、この日は、指導碁から割り当てられた。 では、その内容を以下のFlashに。
 
 

コンテンツの配信