「ブリコラージュ」とは“寄せ集めて自分で作る”の意。初心者であっても囲碁を通じて考えることが色々ある。その考えをここに綴り、自分が囲碁とどのように関わっていこうとしているのか眺めていきたい。 そんなIkenagaが「ブリコラージュな囲碁(ブリ碁)」を目指す過程の記録。

フリー対局 - 10月23日(土)

 この日の午後は 「囲碁サロン 燦々」 ではなく、Otakeさんに連れられて別の場所へと出かけていった。

 知る人ぞ知るビル。
 

 
 ビルの入り口はこちら。
 

続・10月23日(土)は囲碁教室

 指導碁の後には、いつものように生徒対局。

 対局相手は40代男性 YMMTさん(仮名)。 ふと新垣未希さんが「(YMMTさんは)読むのが趣味」 というようなことを言っていたのを思い出した。 (まさか読書のことではないと思う)

 さて、対局はIkenagaが黒の三子局。 ビデオ撮りも快諾していただいた。 ただ、YMMTさんは昼からの予定が入っている、ということだったので終わりの時間が決まっていた。

10月23日(土)は囲碁教室

 この日は『みんな集まれ!囲碁教室 初級編1』の問題について質問したかったので、少し早めに 「囲碁サロン 燦々」 についた。

フリー対局 - 10月16日(土) その2

 この日の午後、2つ目のフリー対局。 対局相手は、50代男性、声が俳優の堤真一に似てるNKGWさん。 三度目くらいの対局。 ハンデは、Ikenagaが白の二子局。

 またビデオを撮影させてもらったので、以下のFlashに内容をまとめる。

フリー対局 - 10月16日(土) その1

 この日はISDさんとの検討後、午前中の教室のメンバーとフリー対局。
 (ちなみにISDさんとの検討はブログにできそうも無い)

 対局相手は、60代女性、KWSMさん。 数週間前に対局した記憶がある。 おそらく二度目の対局。 ハンデは、Ikenagaが黒先。
 
 もちろんビデオ撮影をお願いした。 快諾していただいたので、以下のFlashに内容をまとめる。

続・10月16日(土)は囲碁教室

 STUさんとの対局を終え、指導碁へと移動。

 本日は、新垣 未希さんによる五子局の指導碁。 今回も布石から開始。
 ということで、内容を以下のFlashにまとめる。

10月16日(土)は囲碁教室

 本日は晴天なり。 日差しが強く、朝から汗ばむ陽気。 そんな中、教室の参加者は20名ほど。 今回も大盛況の燦々囲碁教室。 そして、Ikenagaが最初に割り当てられたのは、他の生徒との対局。

 対局相手は、60代男性、STUさん(仮名)。 初対局のような気がする。

 今回もビデオ撮影を快諾していただいた。 ということで、いつものように内容を以下のFlashにまとめる。

フリー対局 - 10月9日(土)

 午後のフリー対局も、午前中に対局したISDさんと。 互先なのでニギってIkenagaが黒となった。

 では、対局内容を以下のFlashにまとめる。

続・10月9日(土)は囲碁教室

 ISDさんとの対局は、そのまま残しておき、指導碁の座席へと移動した。
 
 さて、この日の指導碁は、新垣 未希さんによる五子局。
 座席についたときに未希さんから
 「望さんから聞きましたが、そろそろ四子局にしますか?」 と訊ねられた。

 「(ということは、多少はまともに打てるようになってきたのか?)」

10月9日(土)は囲碁教室

 この日は生憎の雨模様。 だが教室は大盛況の参加者20名程。 そんな中、Ikenagaは他の生徒との対局に割り当てられた。

 対局相手は、50~60代の男性、ISDさん(仮名)。 過去に一度対局の経験あり。
 ISDさんは、先週、IkenagaがMさんとの対局をビデオ撮影していたのをご存知で、今回ビデオ撮影をお願いして快諾をいただいた。

コンテンツの配信