「ブリコラージュ」とは“寄せ集めて自分で作る”の意。初心者であっても囲碁を通じて考えることが色々ある。その考えをここに綴り、自分が囲碁とどのように関わっていこうとしているのか眺めていきたい。 そんなIkenagaが「ブリコラージュな囲碁(ブリ碁)」を目指す過程の記録。

9月18日(土)は囲碁教室

 この日の囲碁教室は連休中ということもあって、参加者がいつもより少なかった。

 教室では、まず他の生徒との対局に割り当てられた。 対局相手は30代後半から40代の男性。 久しぶりにニギった。 Ikenagaが白。 結果は白の投了。

続・みんな集まれ!囲碁教室

 以前、書いた 『みんな集まれ!囲碁教室』 を現在のところ、毎日欠かさず解いている。

 そのときにも書いたのだが NintendoDS 『遊んで囲碁がさらに強くなる銀星囲碁DS 初級編』 にも、同様の問題が載っていて、何度も解いてきていた。
 
 

荒れた打ち方

 去年のちょうど今頃、渋谷の囲碁教室に通い始めて3ヶ月目に突入した頃。 自宅での囲碁の勉強方法を模索していた。 確かその頃だと思う。 牛窪義高 九段が著述した書籍 『碁の戦術』と『碁は戦略』を読み始めた。

 囲碁の基礎を学び始めると同時に、比較的高度な内容を独学し始めたことで、自分の碁が “背伸び” したものになっているのではないかと、その後 考えるようになった。

9月11日(土)は囲碁教室

 9月11日(土)の囲碁教室では、まず他の生徒との対局に割り当てられた。

 対局相手は70代ぐらいの女性のSさん。 以前にも一度対局した記憶がある。 今回は、Ikenagaが白の二子局で、白の勝ち。 最後は並べたが数えはしなかった。

フリー対局 - 9月4日(土) その2

 引き続き、Otakeさんとのフリー対局(五子局)。 結果は以下の通り。
 
フリー対局 - 9月4日(土) その2
 先の対局ほどではないが、白(Otakeさん)の勝ち。 (同じく数え直すのが面倒なので興味のある方は数えてください。)

フリー対局 - 9月4日(土) その1

 例によってOtakeさんとのフリー対局(五子局)。 結果は以下の通り。
 
20100904_1
 
 圧倒的に白(Otakeさん)の勝ち。 (もう数え直すのが面倒なので興味のある方は数えてください。 ちなみに白の碁笥のフタにも黒石が12子入ってます。)
 

みんな集まれ!囲碁教室

 囲碁サロン 『燦々』の囲碁教室の延長線として、自宅で新しい勉強を始めた。 そのテキストというか問題集(ドリル)がこちら。
 
みんな集まれ囲碁教室
 

9月4日(土)は囲碁教室の日

 9月4日(土)の囲碁教室は、まず指導碁から割り振られた。内容は前回の続きから。

 ということで、いつものようにFlashへまとめる。

続々々・やっぱりヨセ

 『ヨセ (初・二段になれる囲碁教室)』(解説:加藤正夫/聞き手:小川誠子) を読んで、ヨセの基本的な考え方が分かってきたような気がしてきた。 この本にもヨセの問題が載っているのだが、基礎レベルのヨセの問題をもっと解いてみたかった。

フリー対局 - 8月28日(土)

 二回目のデジタルビデオカメラで撮影した対局。(まだ、外部バッテリーの導入前。)
 例によってOtakeさんとのフリー対局(五子局)。 まず、対局の結果から。
 
Free 20100828
 
 白(Otakeさん)74 対 黒(Ikenaga)24で、白(Otakeさん)の50目勝ち。
 

コンテンツの配信