9月4日(土)は囲碁教室の日

 9月4日(土)の囲碁教室は、まず指導碁から割り振られた。内容は前回の続きから。

 ということで、いつものようにFlashへまとめる。





 
 
 指導碁に続いて、他の生徒との対局。 対局相手は60~70代女性。 最近は休んでいたようだが、Ikenagaが燦々に通うようになった数ヶ月前に一度対局したことがある。 そのときは、大きく地を囲われ、それを削れずにIkenagaが負けた、と記憶している。

 今回の対局は、Ikenagaが白の、黒先で。 ビデオは撮影してないので、その様子を伝えると、まず黒が「中国流」になりそうな雰囲気だった。 どれくらい相手が中国流に慣れているのかわからなかったので、まずはそれを邪魔しようと考えた。

 本来、中国流はその構えているところに相手が飛び込んでくるのを待ち構えている、と(石倉先生に)聞いていたので、その構えが完成する前に厚みでの封じ込めを図った。

 その作戦がうまくいったのか黒地を多少削れたような気がする。

 結局、最後までは打てなかったが、望さんの判定で「白がやや良し」とのことだった。
 

新しいコメントの投稿