カテゴリー

リーグ戦 新シーズンに突入 〔第一局~第三局〕

 初めて知ったが『燦々』のリーグ戦は5月でひと区切りだった。ということで、6月はリーグ戦の新シーズン突入の月となった。

 さて、6月12日(土)はリーグ戦に参戦。いきなり三連戦。内容が複雑でほとんど覚えていない。

―――――――――――
新シーズンリーグ戦 第一局
―――――――――――

リーグ戦 第八局

 対局相手は、40代後半~50代の男性。Ikenagaの黒先、ハンデとして白から六子アゲハマを受け取る。

 今回は置き碁ではなかったが、布石は黒白がともに星へ打って始まった。
 流れはいつもどおり、黒は厚みを作り、白石を隅の狭いところへ追いやろうと、上から圧し掛かっていくように打った。

リーグ戦 第七局

 5月15日(土)のリーグ戦は続けて本日3局目(教室の対局を合わせて4局目)。ということで、第七局について記述。

 対局相手は、5月8日(土)の囲碁教室で対局した相手だった。しかし、そこから先は以前と違っていた。

 対局は二子局、おまけにIkenagaが白。
(以前の囲碁教室での対局では、互先だったから、リーグ戦と囲碁教室とでは、棋力の見かたが異なる、ということか。)

リーグ戦 第五局 & 第六局

 5月15日(土)の午後。リーグ戦へ参戦。

――――――――――
 まず、第五局。対局相手は80代男性。三子局でIkenagaが黒。(逆コミも少しもらったような気もする。)

 しかし、開始20分ほどで黒投了。

 さて、内容はというと、布石の時点で、おそらくこちらが定石を外してしまった。そこから隅を丸ごと殺された。隅といっても、辺の部分にまで大きく食い込んでいたので、結構大きい。
 その時点で「もう無理」と思った。

リーグ戦 第四局

 5月8日(土)は午後にリーグ戦へ参戦。(本当ならOtakeさんと打つところだったのだが・・・。)
 この日は何となく気持ちが楽だった。というか、これまでが、あまりにも気が重すぎたのかもしれない。

 さて、対局相手は50~60代男性。これまた初めての相手。
 少し記憶が曖昧になりつつあるが、Ikenagaが黒の二子局。

リーグ戦 第三局

 5月1日(土)は1局のみリーグに参戦。対局相手は40代くらいの男性。Ikenagaが黒先で逆コミ3目。結果は黒の投了。

 この対局で覚えていることは以下のとおりである。
 
――――――――――
① 布石では、定石を外れたせいで隅で戦いが始まり、渾沌とした状態に入っていった。
 こういう事は何度も体験してきたが、毎回々々心臓に悪い。

 このとき「ここ(布石)で負けたら全て終わりそう」と感じていた。

リーグ戦 つづいて第二局

 4月17日(土)は、引き続きリーグ戦の第二局に入った。

 対局相手は別の方だが、これまた(失礼ながら名前は覚えていないが)、60代後半から70代くらいの男性で、常に帽子(キャップ)をかぶっていた。実は、この方、私の第一局を横で観戦していて「細かい」と言った人だった。

初のリーグ戦 それも第一局

 4月17日(土)は囲碁教室の後にも続けて(といっても昼食を食べに外へ出たが)午後からリーグ戦に臨んだ。(ちなみに、午前中、教室に参加した人は、その午後は500円で碁が打てる。正直驚いた。1200円くらいすると思っていたから。って宣伝っぽい?)