カテゴリー

6月19日(土)はフリー対局 三子局

 本日もOtakeさんはお休み。でも、以前対局した男性が午前中の教室にいたので声をかけた。

 「もし午後も打つ予定だったら昼ごはんを一緒にどう?」

 ということで、『燦々』からほど近い定食屋で一緒に食事をし、午後はその彼とフリー対局。

 対局相手は20代~30代の男性。棋力は二段。以前対局したときは初段だった。

6月5日(土)はフリー対局 五子局

 6月5日(土)の午後は、Otakeさんに五子局で対局をお願いした。また、五子局の感覚を掴みたいと思ったので、この日はリーグ戦には参加しなかった。というか、「五子局がうまく打てないのにリーグ戦に出ても・・・」という気持ちがあった。

 と書き始めたが、一週間以上も前のことなので、内容はほとんど覚えていない。

フリー対局 五子局

 この日(5月22日(土))はOtakeさんが15時から新垣 武 九段の指導を受けるため、その前に一局お願いした。といっても、Otakeさんが『燦々』に現れたのは14時近くだったので、1時間弱で打てる範囲となった。

 今回の対局は五子局。午前中の教室で「今後は五子局で」と言われていたので「じゃあOtakeさんとも五子局でお願いしよう」と思ってである。

フリー対局 - 自由置き碁 三子局

 さて、5月15日(土)は、立て続けのリーグ戦を三局終え、Otakeさんとのフリー対局に臨む。

 今回の対局では、以前新垣 望さんに提案された自由な置き碁でお願いした。

――――――――
 自由置き碁 一局目

 いつもの置き碁は星なので、高く構えて「厚み」を作ることを目指していたが、自由になるとどうしたものか、と考えてしまう。

フリー対局 ― 5月8日(土)午後

 リーグ戦の対局が一つ終わったところで、フリー対局で2局打った。

 フリー対局の相手は60代男性。棋力は二段。これまで何度となく対局して敗れてきた相手である。見た目の印象は一見とても柔和。しかし勝負になると、眼光は鋭く一変し・・・。と、まぁ、つまりOtakeさんが相手だった。

 Otakeさんとは、いつもであれば七子~五子局で打つのだが、今回は三子局でお願いした。