Android: auのスマートフォン htc EVO WiMAXを購入

先週金曜日(8/5)、ついに決めて、仕事が終わってから会社近くの電気店で、auのスマートフォン htc EVO WiMAXを購入した。
  * ここは店のスタッフの対応が皆とても良く、品揃えも豊富でよかった。↑

先々月のブログにも書いたのだが、htc EVO WiMAX ISW11HTにするか、AQUOS PHONE SH-12Cにするか、ずっと迷っていた。
比較して、htc EVO WiMAXは通信速度が上で、デザイン/画面サイズも実際に見て、私の好みではこちらの方が良いと思ったのだが、ARMのプロセッサがSnapdragonシリーズの第一世代で1 GHz、もう一方のSH-12CはSnapdragonシリーズの第二世代で1.4 GHzなので、気持ちはSH-12Cに傾きかかっていた。
しかし、テザリングを使った場合の月々の料金を上記の電気店で聞いたり、自分でネットで調べたりしてわかった時、即、htc EVO WiMAXに決めた。

[ AQUOS PHONE SH-12C/NTTドコモ ]
   ネットで調べたが、とにかく料金がわかりにくい。(私だけ?) 
   上記の電気店で一度聞いてなければ、おそらくわからなかっただろう。

 パケホーダイフラット:5.460円/月
 テザリングを利用すると、上限:10,395円/月
  http://www.nttdocomo.co.jp/charge/packet/pake_hodai_f/about/index.html
  http://www.nttdocomo.co.jp/service/func_tool/tethering/notice/index.html

 これでは、テザリングを利用する"料金的なメリット"はまるでないように思う。

[ htc EVO WiMAX/au ]
 CDMA利用の場合:5,460円/月
 WiMAXおよびCDMA利用の場合:5,985円/月 <= WiMAXを使用すると525円が加算されてこの金額に。
 http://www.kddi.com/corporate/news_release/2011/0228b/besshi.html

私の例)
 上記の料金はデータ通信だけなので、それに電話料金が加わる。
 http://www.au.kddi.com/ryokin_waribiki/ryokin/simple/index.html
 私の場合、「プランSSシンプル」で、最大25分/月 無料(それを越えると30秒/21円)を選んだ。

・基本使用料:980円       <= 最大25分無料
・安心ケータイサポート:315円  <= 保証期間の延長や修理、買い替えが割引
・データ通信定額:5,460円
・WiMAX使用料:525円
・毎月割:-2,630円       <= 2年間は毎月この割引があるとのこと。
------------------------------
合計:4,650円 <= 最初の2年間
   7,280円 <= 3年目から

htc EVO WiMAX の本体価格は68,250円だった。良い値段だが、SAMSUNGのタブレット SMT-i9100 ( 定価:52,500円? )が一緒に付いてきたので、良しとすることにした。
本体価格はノートPCの価格と比較して、そんなものかも知れない、とも思う。24回の分割月払いもありとのことで、その場合も金利無しとのことだった。

この後、テザリング、Bluetoothキーボードとの接続、使用感、など引き続きブログに書こうと思っています。

ところで、htc EVO WiMAXを製造している HTC という会社を私はこれまで知らなかったのですが、1997年に設立された台湾の会社でした。(まだ新しい)
私の持っているノートPCもネットブックも台湾のメーカーであるASUS製なので、私の持っているコンピュータ機器はなんと皆、台湾製になった。。
(台湾は日本にとても友好的だし、特にこだわりはない。しかし、やはり本来は日本のメーカーに良い製品を出して欲しいものだ。)
今まで使ってみて、ASUSは品質的にも価格的にも気に入っている。HTCも同じようであれば良いと思う。