Android: 実機 Libero 003Z(ZTE Blade)の起動画面をカスタマイズ(1)

以前のブログ にエミュレータの起動画面のカスタマイズについて書きましたが、今回は実機 Libero 003Zの起動画面をカスタマイズしてみました。
(Libero 003Zは海外ではZTE Bladeという製品名として販売されている。)

[ ZTEオリジナルの起動画面 ]
1) bootloader画面 → 2) init画面 → 3) bootanimation画面 → 4) ホーム画面

[ カスタマイズした起動画面 ]
1) bootloader画面 → 2) init画面 → 3) bootanimation画面 → 4) ホーム画面

カスタマイズした手順は、おおよそ次のようなものです。

1) bootloader画面:splashパーティションの書き換え
2) init画面:bootパーティションの中のramdisk.imgの中の/logo.bmpの書き換え
3) bootanimation画面:/data/localの下にbootanimation.zipを作成
4) ホーム画面:/system/app/Launcher2.apkの中のリソースのイメージファイルを書き換え
 ( 写真を選択して、それをメニューにより壁紙にするのが普通の手順かと思いますが、今回は試しに"反則"的にパッケージを書き換え。)

以前のブログ に書いたエミュレータの起動画面のカスタマイズの手順がかなり使えます。

カスタマイズした起動画面の動画を次回のブログに、手順の詳細は次々回のブログに載せています。